雪上のカンパネルラ

昔から、天気予報をも変える程の屈強な雨女だった私は、
何かイベントがある度に雨に祟られてきたものですが、
カンパネルラ1周年記念日の昨日14日、なんと雪にまで見舞われました。



さて、2013年 商品紹介第1段は、掛時計です。
「時を刻む音」というと、なんだかとても格好良いですが、
チクタクと振り子の奏でるその音は、やはり小気味よく好きです。

c0232510_1456055.jpg

アメリカ イングラハムのダルマ時計。
胸を張って「アンティーク」と言える一品だと思います。 
1880年頃 28,000円




c0232510_150139.jpg

東京 英工舎の掛時計。
柔らかく、溶け込むような木目がすてきです。
昭和初期 9,000円




c0232510_1525910.jpg

たまらなくいい飴色となった掛時計。
鐘の音も重厚感があります。
昭和初期 25,000円




c0232510_15235424.jpg


この1年、本当にどうもありがとうございました。
雨や雪など、外的要因に滅法弱いカンパネルラでありますが、
これからもどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by sakura-campanella | 2013-01-15 15:36
<< おしゃれだけどおちゃめ 明けました。 >>